全年齢平均賃金額をもとに計算

もし、交通事故で死亡したのが学生や幼児だった場合の逸失利益は、「賃金センサス」という、男女別全年齢平均賃金額をもとにして計算されるのが一般的です。

そして、一般的な就労可能年数を、18歳から67歳までの50年間として計算することになります




サブコンテンツ

このページの先頭へ