逸失利益は生活費を控除した上で支払われる

不幸にも、交通事故の被害者が死亡してしまった場合でも、後遺症の場合と同様に「逸失利益」を受け取ることが可能です。

当たり前ですが、被害者が死亡した時点で将来的な収入はゼロになりますよね。

逸失利益は、交通事故によって将来的に受け取ることができなくなってしまった収入に対する損害ですから、死亡した場合は労働能力喪失率は100%となり、逸失利益が支払われるわけです。

ところが、被害者の死亡によって逸失利益が発生する一方で、もしも被害者が生きていた場合に、「生活費として支出していた可能性があるお金が必要ではなくなる」とも考えることができます。

そこで、死亡した場合の逸失利益を算出する場合は、生活費に相当する金額が控除(減額)されます。

支出していた可能性があるお金は、当然ながら把握することが難しいので、算出する場合は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(赤い本)」に、基準が設けられています。

そして、この基準に被害者の所得や生活状況などを当てはめて、逸失利益の生活費控除分を算出することになります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ