遺族への死亡慰謝料

死亡慰謝料」は、交通事故の被害者の方が死亡してしまった場合に請求することができる慰謝料なのですが、被害者側の遺族に対しても、死亡慰謝料が支払われます。

死亡慰謝料も、後遺症慰謝料の場合と同じで、支払いの基準となる自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準の3つがありますが、自賠責保険基準か裁判所基準のどちらかの支払い基準が用いられる場合が多いです。

死亡慰謝料については、交通事故の過失割合や近親者の状況などに合った金額が認定され、支払われるケースが多いです。

例えば自賠責基準では、遺族が1人の場合は550万円、2人の場合は650万円、3人以上の場合は750万円が支払われます。

また、被害者本人に扶養している家族がいた場合は、さらに200万円が加算される仕組みになっています。

そして、裁判所基準では、一家の支柱に対して2,800万円、母親・配偶者に対しては2,400万円、その他家族に対しては2,000~2,400万円が支払われます。




サブコンテンツ

このページの先頭へ