総額から減額される

交通事故が発生するとともに、「加害者」「被害者」という立場も発生するわけですが、必ずしも「自分は被害者だから」といっても、100%加害者側に非があるとは限りません。

つまり、被害者側にも一定の過失がある場合も多いということです。

被害者側にも一定の過失がある場合には、過失の程度が割合として決められ(過失割合)、過失がある分を損害賠償から減額される仕組みになっています。

過失割合による減額分は、損害賠償の総額に過失割合を掛けて算出します。

そのため、「支払う損害賠償金は少ないほうが良い」という考え方を持っている保険会社は、被害者にも一定の過失があると、過失割合に応じた金額を損害賠償の総額から減額することを主張してきます。

この過失割合については、「交通事故がどのように発生したのか」という、交通事故の当事者にしかわからない部分もあります。

ところが、当事者同士で主張が食い違う場合も多く、主張によって損害賠償金額が変わってくるので、交通事故の正確な発生状況が反映されるようにする必要があります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ