過失割合を最終的に決めるのは誰?

交通事故に関する事案の中で、「保険会社のほうで決めた過失割合に納得がいかない」というケースもよくあります。

では、過失割合を決める権利が保険会社にあるのかというと、それは違います。

過失割合というのは、被害者と保険会社との間に合意がなければ決定しません。

ですから、「保険会社が過失割合を決めてしまった」というのではなく、保険会社としては、保険会社なりの見解を伝えたまでです。

つまり、被害者側が保険会社側の見解に合意をしなければ、過失割合は決まりません。

もしここで過失割合が決まらない場合は、訴訟を起こし、裁判所に過失割合を決定してもらうことになります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ