民事交通訴訟における過失相殺の認定基準

保険会社・裁判所・弁護士が行う過失割合の判断は、過失割合の基準をまとめた書籍である、「民事交通訴訟における過失相殺の認定基準(判例タイムズ社)」に従って判断されます。

この書籍では、「4輪車同士の交通事故」「歩行者と4輪車の交通事故」といった、よくある交通事故の類型を挙げられており、それぞれの類型に応じた過失割合が示されています。

ですからまずは、「今回の交通事故はどの類型に近いのか」ということを判断します。

そして、近い類型の交通事故を判断した後は、そこからさらに細かく条件を設定し、過失割合を調整し直すために、「修正要素」という項目を見ます。

修正要素の項目には、修正の比率が記載されているので、こちらのほうを参考にします。

保険会社から提示される過失割合も、基本的には民事交通訴訟における過失相殺の認定基準に従って判断されたものです。

ただ、保険会社が判断した類型と修正要素が妥当なものであるとは限らないので、類型と修正要素の妥当性は必ずチェックしたほうが良いでしょう。




サブコンテンツ

このページの先頭へ