後遺症による逸失利益

交通事故によって後遺症が残ってしまった被害者は、後遺症の症状が原因で仕事ができなかったり、できたとしても他の人たちと同じように仕事をこなすことができなかったりと、様々な支障が出ます。

そして、交通事故に遭わなければ得ることができたはずの収入を満足に受け取ることができなくなってしまう場合も、十分にあり得ることです。

このような場合、後遺症が残ってしまったために、交通事故に遭っていなかったら得られたであろう利益のことを、「後遺症による逸失利益」と呼びます。

ケガが完治した時や、症状固定と診断された時までの期間の損害を「休業損害」と呼ぶのに対し、逸失利益は今後得ることができない収入額を想定して、その金額を一括で支払います。

後遺症によって発生する逸失利益は、基礎となる年収額に「労働能力喪失率(後遺症が原因で失われてしまった労働能力の割合)」と、「労働能力喪失期間」に応じた「中間利息控除係数」をかけることで、算出することができます。

【逸失利益】=年収額×(労働能力喪失率)×(中間利息控除係数)




サブコンテンツ

このページの先頭へ