民事交通事故訴訟損害賠償額基準(赤い本)

交通事故によるケガの影響で、神経症状や運動障害などの症状が残ってしまうことを「後遺症」と言いますが、この後遺症に関しては、治療のために病院に入通院した場合に請求することができる「入通院慰謝料」の他に、後遺症に対する慰謝料である「後遺症慰謝料」を請求することができる場合があります。

後遺症慰謝料については、「民事交通事故訴訟損害賠償額基準(赤い本)」という書籍に記載されてある、裁判所の考え方を受け継いだ表をもとにして、認定された後遺障害等級に応じた後遺症慰謝料を請求することになります。

これまでの裁判例を見てみると、後遺障害等級に認定されていない場合でも、後遺症慰謝料を受け取ることができた裁判例もあるのですが、ほとんどの場合は、「後遺症慰謝料を請求するためには後遺障害等級の認定を受けていないと厳しい」というのが現状です。

特に、保険会社との間で行われる任意交渉の段階では、後遺障害等級が認定されていないと後遺障害慰謝料を受け取ることができない場合がほとんどです。

ですから、後遺症慰謝料の請求を希望するのであれば、まずは後遺障害等級の認定を受ける必要があります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ