年金も逸失利益になる

交通事故で死亡した被害者が年金受給者だった場合は、逸失利益を受け取ることができます。

確かに、働いて得ている収入ではないのですが、最高裁での裁判例としては、「普通恩給」「地方公務員の退職年金」「国民年金」「障害年金」といった年金については、逸失利益性があるとして認められています。

つまり、年金は所得収入と同じ扱いになるということです。

年金受給者の逸失利益については、年間の年金収入に平均余命年数を掛けることで算出することができます。

平均余命年数については、厚生労働省が発表している指標である、「簡易生命表」という表を参考にすることで、割り出すことが可能です。

ただし、年金は年金でも、「遺族年金」のような逸失利益が認められない年金もあるので、注意が必要です。

なお、年金受給者の逸失利益は、年金収入にだけ認められるものではありません。

例えば、被害者であり年金受給者であった人が、生前家事に従事していた人であった場合は、家事従事者としての逸失利益が認められる可能性があります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ