PTSDへの損害賠償請求は?

交通事故に遭った後に、「心的外傷後ストレス障害(通称:PTSD)」を発症するケースも少なくありません。

うつ・不安感・フラッシュバックといった精神症状に苦しめられるこの病気、場合によっては損害賠償請求ができる可能性があります。

もし、PTSDが交通事故の後遺症であるということになれば、今後の仕事への影響も懸念されるので、「逸失利益」を請求することができます。

また、精神的苦痛を受けたことにもなりますから、「後遺症慰謝料」を請求することも可能です。

ただ、交通事故に遭った後にPTSDを発症したからといって、必ずしもPTSDの発症要因と交通事故とが関係しているかというと、そうではない場合もあります。

現代は誰もがストレスを抱えているものですから、別の要因によって発症した可能性も考えられるわけです。

ですから、もしPTSDに対して損害賠償請求を行いたい場合は、交通事故とPTSDとの因果関係がはっきりしていないと難しいです。

実際のケースでは、残念ながらPTSDが後遺症とは認められない場合が多いのが現状です。

ただ、保険会社との交渉や裁判での判決次第では、損害賠償請求ができる可能性もゼロではありません。




サブコンテンツ

このページの先頭へ