むち打ち症

交通事故の後遺症として多い「むち打ち症」は、労働能力喪失期間が制限されやすい後遺症です。

むち打ち症は、後遺障害等級の12級13号または14級9号のどちらかに認定されるケースが多いのですが、どちらに認定されたとしても、労働能力喪失期間の制限を受ける場合が多いです。

まず、前者の12級13号に認定された場合は労働能力喪失期間が10年程度、後者の14級9号に認定された場合は労働能力喪失期間が5年程度に、それぞれ制限を受ける場合が多いので注意が必要です。

労働能力喪失期間の制限を受けた例としては、後遺障害14級に認定された被害者が、その症状が神経損傷によって引き起こされていることを理由とし、症状固定と診断された日から5年間、労働能力が5%喪失したと認められました。

むち打ち症ではない、比較的軽い後遺障害についても、「労働能力喪失期間」を短い期間に制限した例もありますが、むち打ち症よりは長い期間の労働能力喪失期間が認められるケースが多いです。

例えば、被害者が自転車に乗っていた時に、ちょうどそばに停車していたタクシーがドアを開けたために衝突し、14級に認定される後遺障害を負ったケースがあります。

このケースに関しては、神経症状やひざの痛みが残ったため、12年間の労働能力喪失期間が認められました。

他にも、原付バイク同士の追突事故により、被害者側が後遺障害14級に認定されたケースもありますが、この場合は被害者が症状固定と診断された時点で44歳だったことから、就労可能期間の67歳までの23年間を労働能力喪失期間と認めました。




サブコンテンツ

このページの先頭へ