後遺障害の等級認定に納得できない時はどうしたら良いかについて。

異議申立手続き

後遺障害の等級認定に対しては、異議申立手続きを行うことが可能です。

もしも、被害者として「なぜこの等級に認定したのか」という理由の中に疑問を感じる部分があり、「後遺障害の等級認定に納得できない」という場合には、異議申立手続きを行いましょう。

事前認定で等級認定を受けた場合は任意保険会社に、被害者請求で等級認定を受けた場合は自賠責保険会社に対して、異議申立手続きを行うことができます。

場合によっては、新しく診断書を作成してもらったり、より解像度の高いMRI画像を用意したりしなければなりませんが、納得のいく賠償を受けるためにも、ここはしっかりと異議を申し立てましょう。