「事故前3か月分の給与」をもとにして、日額基礎収入を算出。

事故前3ヵ月の給与平均が基本

給与を所得している人の「日額基礎収入」を算出するためには、事故前3か月の給与合計を90日で割るか、事故前1年間の給与合計を365日で割って算出することになります。

事故前1年間の給与合計を365日で割って算出することは特別なケースに限ってのことで、一般的には事故前3か月の給与合計を90日で割る形で算出する場合が多いです。

ちなみに、算出する際に用いる給与額は手取り額ではなく「総支給額」で、土日祝日も日数としてカウントすることができます。

では、ここからは「事故前3か月分の給与」をもとにして、日額基礎収入を算出する例をご紹介します。

【状況】12月17日に交通事故により負傷、その日から2月いっぱいまで、治療のために仕事を休んだ(74日間)。

  • 9月の給与額…246,000円
  • 10月の給与額…214,000円
  • 11月の給与額…222,000円

◇日額基礎収入=(246,000円+214,000円+222,000円)÷90=7,580円

◇休業損害額=7,580円×74日間=560,920円