弁護士を依頼するメリットデメリットを解説。

メリット

交通事故に関して、弁護士を依頼することには、次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット①
【面倒なことや難しいことは全てお任せすることができる】

「示談内容の判断」「役所での書類集め」「保険会社との交渉」など、法律の知識がなければ難しく面倒なことを、全てお任せすることができます。

面倒で難しいことから解放される分、時間にも余裕を持つことができますし、気持ち的にもずいぶん楽になれます。

メリット②高額な損害賠償を受け取ることができる】

保険会社というのは、保険会社基準の低い損害賠償額を提示してくる場合が多いです。

その一方で、弁護士に依頼することで、これまでの裁判例をもとにした金額で保険会社との交渉を行ってくれるため、「裁判所基準」という、損害賠償額が高額になる支払い基準での損害賠償を受け取ることができます。

実際に、交渉の場に被害者自身ではなく代理人の弁護士が来るとなると、
保険会社のほうは支払い基準を変えて対応する場合が多いです。

デメリット【弁護士費用がかかる】

弁護士を依頼するためには、弁護士費用を負担しなければなりません。

この弁護士費用に関しては、どのくらい負担しなければならないのかということがはっきりしていない弁護士事務所も多いのですが、「弁護士費用を支払ったことで受け取ることができる損害賠償額が減った」という事態にもなりかねません。

ただ、「受け取れる損害賠償額が減った」という状態にならないようなシステムを採用している弁護士事務所もあるので、依頼をするならそのようなシステムを採用している弁護士事務所をおすすめします。