症状固定」を急ぐのは、保険会社なりの事情があります。

保険会社は、被害者の味方ではない

これ以上のケガの改善・回復が見込めない状態を「症状固定」といいますが、保険会社のほうから症状固定と治療費の支払いの終了に関する話を持ち出してくる場合が多いです。

症状固定日を正確に特定することは、たとえ医師であっても困難なことなのですが、医師が症状固定と診断する前に、保険会社のほうで症状固定と判断し、治療費の支払いを終了する話を持ち掛けてくることもあります。

「医師でもないのになぜ?」と思ってしまうところですが、これには保険会社なりの事情があります。

保険会社というのは、必要性が高い治療費の支払いには応じますが、必要性が高くない治療費の支払いにはあまり応じない場合が多いです。

つまり、「もう治療費を支払う必要はない」という考えに至った理由、そして症状が固定された日の前倒しを主張し、早々と治療費の支払いを終了させようとするのです。

被害者の味方である保険会社ですが、症状固定を急ぎ始めてからの保険会社は、もはや被害者の味方とはいえない状態になります。

ただ、やはり症状固定は保険会社ではなく医師が判断することです。

ですから、もしも保険会社が症状固定を急いでいる場合は、医師に相談しましょう。