治療の終わり「症状固定」とは?

治療の終わり「症状固定」とは?

「内払(うちばらい)」とは?

示談交渉前の支払金。示談成立後に受取る金額から引かれる。経済状況が良くない時は「内払交渉」をp>示談交渉というのは、通常であればケガの治療が終わった後や、後遺障害の等級認定が終わった後からスタートすることができるものです。 これは、確...
治療の終わり「症状固定」とは?

後遺障害の等級認定に納得できない時は?

後遺障害の等級認定に納得できない時はどうしたら良いかについて。異議申立手続き後遺障害の等級認定に対しては、異議申立手続きを行うことが可能です。 もしも、被害者として「なぜこの等級に認定したのか」という理由の中に疑問を感じる部分があり、...
治療の終わり「症状固定」とは?

後遺障害等級の手続き方法「被害者請求」

後遺障害等級の手続きの方法の「被害者請求」。「被害者請求」 後遺障害等級の手続きの方法として、「被害者請求」という方法があります。 この方法は、病院から借りた交通事故当時のレントゲン写真・CT画像・MRI書、そして症状固定と診断され...
治療の終わり「症状固定」とは?

後遺障害等級の手続き方法「事前認定」

後遺障害等級の手続きの方法の「事前認定」。「事前認定」後遺障害等級の手続きの方法は2つありますが、片方が「事前認定」という方法になります。 事前認定とは、加害者が加入している任意保険会社に対して「後遺障害診断書」を提出し、後遺障害等級...
治療の終わり「症状固定」とは?

もしも障害が残ったら…?

後遺障害等級の等級認定がされていることの重要性と申請の仕方。「後遺障害」の等級の認定をうける これ以上のケガの改善・回復が見込めない状態になった時を「症状固定」といいますが、症状固定と判断され、後遺症が残ったからといっても、すぐに後遺症に...
治療の終わり「症状固定」とは?

「休業損害を打ち切る」といわれたら…

「休業損害」とは?「休業損害を打ち切る」といわれた場合「休業損害」というのは、交通事故によるケガのために仕事を休まざるを得ない状況になった場合に、仕事を休んでいた期間分の給与に相当する金額を、治療費とは別に支払い請求することができます。 ...
治療の終わり「症状固定」とは?

もしも治療費を打ち切られてしまったら…

「治療費支払いの再開」や「未払い治療費の支払い」治療費を打ち切られた場合ケガの完治や症状固定に至る前に、保険会社からの治療費の支払いを打ち切られてしまう場合もあります。 ですが、もしも早々と治療費の支払いを打ち切られてしまった場合でも...
治療の終わり「症状固定」とは?

保険会社はなぜ症状固定を急ぐ?

「症状固定」を急ぐのは、保険会社なりの事情があります。保険会社は、被害者の味方ではないこれ以上のケガの改善・回復が見込めない状態を「症状固定」といいますが、保険会社のほうから症状固定と治療費の支払いの終了に関する話を持ち出してくる場合が多い...
治療の終わり「症状固定」とは?

症状固定診断後から始まる賠償額算出

賠償額算出の出発点、「症状固定」の見極め方について。症状固定加害者側に請求できる損害賠償額の算出というのは、交通事故によるケガの治療が終わってからできるようになります。 ただ、場合によっては完治せず、後遺症となってケガが残る可能性もあ...
タイトルとURLをコピーしました