示談案の提示がある場合

示談案の提示がある場合

弁護士費用も損害賠償として請求できる

弁護士費用を損害賠償として請求できる可能性があります。 弁護士費用と損害賠償 交通事故に関して訴訟を起こした場合、その時にかかった弁護士費用も、損害賠償として受け取ることができる可能性があります。 ただし、弁護士費用として負担した...
示談案の提示がある場合

訴訟にかかる費用いろいろ

訴訟にかかるいろいろな費用は、ばかになりません。ばかにならない訴訟にかかる費用いろいろ訴訟を起こした場合に必要となる費用は、「どのような手続きを踏むのか」ということによって異なってくるのですが、いずれにしても「バカにならない」、そんな費用に...
示談案の提示がある場合

訴訟手続きの基本的な流れ

訴訟手続きの基本的な流れを紹介。気になる訴訟手続きの手順訴訟手続きの基本的な流れを、簡単にご紹介します。 ①訴状提出原告側(被害者側)が訴状を裁判所に提出します。 ②訴状審査裁判所の書記官が訴状に不備がないかどうかをチェックし、...
示談案の提示がある場合

訴訟は時間がかかることを覚悟しておく

「判決」と「和解」によって解決する場合があります。 訴訟は時間がかかる 示談や調停など、解決の見通しが立たない場合や、最終的に解決に至らなかった場合には訴訟を起こすことができます。 そして、訴訟によって事案を解決へと導いて...
示談案の提示がある場合

弁護士費用等担保特約とは?

自動車保険の「弁護士費用等担保特約」について。自動車保険の弁護士費用等担保特約とは? 車を所有する者が任意で加入することができる自動車保険である「任意保険」には、交通事故に関して弁護士を依頼した場合に、弁護士の依頼にかかった費用を支払って...
示談案の提示がある場合

弁護士を依頼するメリットとデメリット

弁護士を依頼するメリットとデメリットを解説。 メリット交通事故に関して、弁護士を依頼することには、次のようなメリットとデメリットがあります。 メリット①【面倒なことや難しいことは全てお任せすることができる】 「示談内容の判断」...
示談案の提示がある場合

ADRとは?

「(財)交通事故紛争処理センター」「日弁連交通事故相談センター」交通事故に関わるADR機関交通事故に関わるADR機関としては、「(財)交通事故紛争処理センター」や「日弁連交通事故相談センター」といった機関があります。 【ADRとは?】...
示談案の提示がある場合

不満があれば交渉か法的手段を

示談交渉が成立すると、損害賠償額は決定してしまいます。交渉か法的手段被害者・加害者の双方が示談に合意すれば、その時点で実際に支払われる損害賠償額は決定してしまいます。 示談成立後にやり直すことはまずできないので、損害賠償額に不満を残し...
示談案の提示がある場合

示談案の判断

保険会社は適正損害賠償額よりも低金額を提示してくる可能性高い。示談案の判断できない時・納得できた時専門知識がない方にとって、「示談案の内容が妥当であるのかどうか」ということは判断がつかないこともありますよね。 特に、「休業損害」「後遺...
示談案の提示がある場合

過失割合の判定例「基本過失割合」

信号機での車同士の衝突事故の加害者と被害者の過失割合。過失割合の判定例過失割合の判定例としては、「基本過失割合」というものが存在します。 基本過失割合では、お互いの信号機の表示が青で、直進しようとする車と右折しようとする車とが交通事故...
タイトルとURLをコピーしました