「休業損害」の算定

「休業損害」の算定

年金生活者などは休業損害は認められず

年金生活者などは休業損害は認められません。年金生活者と休業損害 休業損害として認められ、損害賠償を請求することができるのは、ケガの治療のために仕事を休み、それによって収入が途絶えてしまった場合になります。 そのため、年金生活者・...
「休業損害」の算定

学生と休業損害

学生が休業損害が認められる場合は?就職が遅れた例交通事故の被害者が学生の場合、学生は収入を得ていない状態であるのが普通であるため、仕事を休んだことによって請求することができるものである「休業損害」は認められません。 ただ、休業損害が認...
「休業損害」の算定

家政婦を雇った費用は休業損害になる?

兼業主婦の基礎収入の決め方。休業損害として認められます 主婦として家事に従事している人が交通事故によってケガを負った場合、当然ながら家事に従事することも難しくなるわけですから、「家事に従事できない間は家政婦を雇って家事代行をしてもらう...
「休業損害」の算定

失業中の基礎収入はどう決める?

失業中に休業損害が認められるケースは稀です。失業中の基礎収入はどう決める? 日雇いやアルバイトなど、いわゆる「非正規労働者」として働いている方の場合、休業損害を算出する上で必要となる「基礎収入」は、交通事故に遭う前の3か月間の給与額を...
「休業損害」の算定

兼業主婦の基礎収入はどう決める?

兼業主婦の基礎収入の決め方。実際の収入額と「賃金センサス」 主婦として家事をこなしながら、パートやアルバイトなどで働いている「主婦」の方の休業損害を算出する場合は、実際の収入額と「賃金センサス」の女性の全年齢平均給与額の、どちらか高い...
「休業損害」の算定

専業主婦の基礎収入はどう決める

専業主婦の基礎収入の家事の対価に対する賃金センサスの利用。全年齢平均給与額か年齢別平均給与額 専業主婦のような、いわゆる「家事従事者」に関しては、交通事故によってケガを負ったために家事ができなくなるわけですが、家事には賃金が発生していませ...
「休業損害」の算定

収入証明が困難な時は賃金センサスを用いる

事業主の基礎収入の賃金センサス利用の場合の例。賃金センサスを用いる 休業損害を算出するにあたっては、収入を証明できる財務関係の書類が必要になるのですが、場合によっては財務関係の書類が不足していて、「確かに収入は得ているものの、正確な収...
「休業損害」の算定

事業維持のための固定経費を含める

事業主の基礎収入の固定経費も含めた計算式など。事業所得者の固定経費事業主というのは、たとえ交通事故でケガを負ったとしても、営んでいる事業そのものを休むわけにはいかない場合が多いと思います。 事業主が休業損害を算出する場合の基礎収入は、...
「休業損害」の算定

事業所得者の事故前の証明は?

事業所得者の事故前の証明の基礎収入仕方について。自営業を営んでいる方など、事業主として働いている方が交通事故により損害を受けた場合、休業損害を算出するためには、事故前の所得を証明しなければなりません。 その、事故前の所得を証明するもの...
「休業損害」の算定

会社役員の基礎収入はどう決める?

最高裁の判決によって決まった会社役員の基礎収入。 会社役員の報酬会社役員の報酬は、一般的な給与所得者とは違い、労働に対する対価にプラスして、利益配当の2つの要素を持っています。 労働に対する対価については、一般的な給与所得者と同じよ...
タイトルとURLをコピーしました