交通事故時の保険会社から受け取る治療費に関して。「過剰診療」とは何?

治療費と、「過剰診療」

損害賠償として治療費の支払いを請求するにあたっては、その治療費が必要であり、相当な実費である必要があります。

つまり、必要性の高い治療を受けた場合の治療費に関しては、保険会社で負担してくれるということなので、基本的には治療費を請求する段階で、被害者と保険会社との間で意見の食い違うことはそれほど多くありません。

ただ、医学は日進月歩ですから、最先端治療を受けた場合や、まだあまり幅広く知られていないような治療を受けた場合に関しては、「過剰診療」と判断されてしまい、保険会社のほうで負担してくれない場合もあります。

また、先ほど挙げたような過剰診療の他にも、マッサージ・温泉療法・カイロプラクティック・鍼灸・あんま・指圧などの民間療法についても、ケガの治療として必要性が高いものとは判断されない可能性があります。

もちろん、これらの民間療法が、
医師の指示であれば、保険会社に治療費を負担してもらうことできます。