交通事故の被害者へ支払われる治療器具の種類、限度額について。

治療費として認められる器具

交通事故の被害に遭ったことで、眼鏡・松葉杖・補聴器・歯科補てつ・義眼・義肢などが必要になった場合、必要性の高いものですから、これらの費用は全額治療費として負担してもらうことができます。

ただ、これらの器具に関して、高級品を選んだ場合に関しては、本来であればわざわざ高級品を選ぶ必要もないわけですから、差額分は被害者自身で負担することになります。

もし、介護が必要な状態になった場合には、介護用の器具も認められます。

例えば、車椅子・歩行補助器・盲導犬・電動介護ベッド・マットレス・頸椎固定器具・人工呼吸器などは、過去に実際に認められた介護用器具です。

これまでに挙げたような器具の中には、交換する必要があるものもありますよね。

そのような場合は、その必要期間か余命年数までの間の交換費用に関しても、損害として認められ、費用を負担してもらうことができますが、原則として中間利息分は控除されます。

また、交換時期の算出に関しては、それぞれの器具の耐用年数をもとにして算出することになるので、器具のメーカーや医師に確認してください。