保険会社が治療費の支払いに応じない場合はどうしたら良い?

仮渡金請求

例えば、「加害者側が過失を認めていない」といった場合などは、保険会社が
ケガの治療費の支払いに応じない場合があります。

もしもこのような状況に直面した時には、自賠責の保険会社に対し、被害者の
目線に立った制度である、「仮渡金請求」というものを行うことができます。

ただ、この仮渡金請求というのは支払限度額が低いので、ケガの程度が軽い場合だと1円も受け取ることができない可能性もあるので、実際の治療にかかっ
た費用を「本請求」として請求することも考えておくことをおすすめします。

また、加入している任意保険によっては、「人身傷害条項」を請求することが
できる場合もあります。