自賠責保険による損害賠償の支払い基準のこと。

自賠責保険基準

自賠責保険基準というのは、自賠責保険による損害賠償の支払い基準のことです。

皆さんもご存じのとおり、「車を所有する者は必ず加入しなければならない」と法律で定められている保険なのですが、この保険は交通事故に遭った場合の最低限度の保障を行うことを目的としている保険であるため、自賠責保険基準として支払われる損害賠償額はあまり多くはありません。

しかし、その一方で、損害賠償額が減額される場合が少ないというメリットもあります。

本来であれば、被害者側にも何らかの過失があった場合、過失割合によって損害賠償額が減額されるものですから、この点は被害者側にとって有利な部分といえます。

というのも、自賠責保険そのものが、被害者の救済を目的としているからこそ、有利な部分が存在するのです。

たとえば、後遺症が残ることなく完治するケガを負った場合、被害者側の過失割合が7割以下であれば、損害賠償額は減額されません。

また、ケガ・後遺症・死亡などと交通事故との因果関係の有無を判断するのが困難な場合に関しても、5割分に相当する金額を受け取ることができます。