人損に対する賠償とは何か?について

「物損」と「人損」

交通事故に遭ったことによって発生する損害には、「物損」と「人損」の2種類があります。

物損というのは、車や建造物などに損傷を与えてしまった場合に発生する損害で、人損というのは、人にケガを負わせてしまった場合に発生する損害です。

そして、こういった損害を金銭的な面で解決へと導くのが、「損害賠償」になります。

 

もしも交通事故に遭ってしまった場合は、適正かつ十分な損害賠償を受け取ることができるようにしておかなければ、今後の生活が困窮する可能性もあります。

今回は、交通事故によって発生する損害賠償についてご説明したいと思います。

 

人損に対する賠償とは?

交通事故によってケガを負った場合、
被害者は加害者に対してどのような損害賠償を請求することができるのでしょうか?

以下に簡単にまとめてみました。

  • ケガの治療にかかった費用
  • 精神的苦痛を受けたことによる通院慰謝料(損害慰謝料)
  • 仕事を休んでいた期間の給与に相当する賠償額
  • 逸失利益(後遺症が残った場合の将来的な賠償)
  • 後遺症による精神的苦痛を受けた場合の後遺症慰謝料