訴訟手続きの基本的な流れを紹介。

気になる訴訟手続きの手順

訴訟手続きの基本的な流れを、簡単にご紹介します。

①訴状提出
原告側(被害者側)が訴状を裁判所に提出します。

②訴状審査
裁判所の書記官が訴状に不備がないかどうかをチェックし、もし不備があった場合には原告側に修正を求めます。

③口頭弁論
法廷にて、原告と被告の双方がそれぞれの主張を述べます。
前もって裁判所と相手側に提出しておいた書面の内容に対し、「口頭弁論の日(期日)」に本人または訴訟代理人が「陳述します」と述べ、書面の内容を全て主張したこととする場合が多いです。

④争点・証拠の整理手続
合理的に証拠を調べることができるように、「弁論準備手続き」という手続きを行い、この段階で原告・被告双方の主張内容が整理されます。

⑤証拠調べ
提出した証拠を調べるとともに、証人尋問や当事者尋問を行うなどの手続きを行います。

⑥判決
裁判所が下した判決が言い渡され、送達か出頭のいずれかの形で、後日判決書を受け取ります。

※口頭弁論から判決までの間に、原告・被告双方が合意をすれば「和解」となる場合もあります。