少しでも裁判所基準に近い損害賠償を受け取ることができるように。

示談成立前に慎重に!

損害賠償の算出基準には、「自賠責保険基準」任意保険基準」「裁判所基準」の3種類があるということはすでにお話ししている通りですが、やはり被害者の立場としては、いくらでも高額な損害賠償額を受け取ることができたほうが良いですよね。

特に、保険会社の示談交渉を進めるにあたっての提示額は一番低いので、あらかじめ「算出基準が3種類ある」ということを把握しておいて、少しでも裁判所基準に近い損害賠償を受け取ることができるようにしておくべきです。

また、示談が成立した後はやり直しが効かないので、専門家と相談しながら、適正な損害賠償額を受け取ることができるようにしましょう。