被害者が死亡・植物状態になった場合は?

交通事故によって負ったケガは、ただのケガだけでは済まない場合もあります。

場合によっては、被害者が死亡したり、植物状態になってしまうこともあります。

では、被害者が死亡した場合や植物状態になった場合の損害賠償は、どうなるのでしょうか??


被害者が死亡した場合

意外かもしれませんが、このような場合でも、被害者本人に対して人損・物損に対する損害賠償を請求することが可能です。

ただ、被害者本人はすでに亡くなっているわけですから、損害賠償請求は被害者の相続人が引き継ぐことになります。

そしてまた、相続人は損害賠償金の他に、「死亡慰謝料」「葬儀にかかった費用」「生きていたら得られていたであろう将来的な利益」などについても、請求することができます。

被害者が植物状態になった場合

この場合は、被害者自身が損害賠償請求を行うことができませんから、まずは家庭裁判所に「後見開始の審判」というのを申し立て、代理人となる「成年後見人」を決めてもらうことになります。

そして、代理人となった人か代理人から依頼された弁護士などが、保険会社に対して損害賠償請求を行うという形になります。